logo

自分と同じポーズの画像を表示するAI実験「Move Mirror」、グーグルが公開

JACKSON RYAN (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年07月23日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月19日付けのブログ記事で、「Move Mirror」を発表した。これは、ユーザーがとったポーズに似たポーズの画像を検索する実験的な機械学習サービスだ。

提供:Google
提供:Google

 何のためにこのサービスを作ったのだろうか。主に楽しんでもらうためかもしれない。Googleはまた、これをブラウザで提供することで「プログラマーや開発者とって機械学習を利用しやすく」したかったとしている。

 Move Mirrorは、体の姿勢を検出する「PoseNet」と、ブラウザで利用できる機械学習フレームワークのライブラリ「TensorFlow.js」を利用している。PoseNetはGoogleが開発したオープンソースの「姿勢推測モデル」だ。

 Move Mirrorは、同じポーズの画像を探す際、肩、足首、臀部など17カ所の関節の位置を示す「姿勢情報」を利用する。Googleによると、この情報には性別、身長、体型といった個人的な特徴は含まれないという。

 Move Mirrorの実力を試そうと筆者がおかしなダンスを踊ってみたところ、白いドレスを着た若い女性の画像ばかりが表示されるようだった。


提供:Jackson Ryan/CNET

 ウェブカメラさえあれば、すべてブラウザ内で実行できるのが素晴らしい。

 Googleは画像をサーバに送らず、画像認識は全てローカルで、ブラウザで行われる。また、「姿勢推測に関して個人を特定できる情報はない」ため、この技術で画像の中の人物が認識されることもない。

 Move Mirrorの開発につぎ込まれた途方もない量の作業に興味があれば、克服した課題やプログラミング上の困難について、TensorFlowのブログに詳しい説明がある。

 ウェブカメラがあれば、Googleの実験用のページから試すことができる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]