logo

プレミアムコンパクトカメラ「FUJIFILM XF10」--2424万画素の大型APS-Cセンサ搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは7月19日、デジタルカメラ「X」シリーズの最新モデル「FUJIFILM XF10」を8月23日に発売すると発表した。市場想定価格は6万円前後(税別)。カラーバリエーションは、シャンパンゴールドとブラックの2色をラインアップする。

キャプション

 XF10は、約280gの小型・軽量ボディに、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T100」などで採用している撮像素子(2424万画素の大型APS-Cサイズセンサ)を搭載したのが特徴。

 また、撮影の基本操作を簡単に行えるようにボタン・ダイヤルを配置し、3型(約104万ドット)の背面液晶モニターには、直感的な操作が可能なタッチパネルを採用した。

 レンズには、日常のスナップ撮影や旅先での風景撮影に最適な開放F値2.8、焦点距離18.5mm(35mm判換算時28mm相当)の広角フジノンレンズを搭載している。なお、「デジタルテレコンバーター」機能を使用することで、焦点距離35mm・50mm相当(共に35mm判換算時)を選択可能。

 このほか、Bluetooth対応によりスマートフォンやタブレット端末との常時接続を実現。撮影した画像を簡単・即時に自動転送することができ、SNSを通じてお気に入りの写真をその場でシェアできる。さらに、スクエアフォーマット(縦横比1:1)での撮影にも対応しており、背面液晶モニタでのフリック動作で撮影フォーマットが切り替えられる「スクエアモード」を新搭載した。

キャプション

 また、全11種類の「フィルムシミュレーション」と、新たな「リッチ&ファイン」「モノクロ(近赤外風)」を加えた全19種類の「アドバンストフィルター」で多彩な写真表現を可能としている。

 動画は、4K(3,840×2,160dpi/15p、連続最大約30分まで)などに対応。連写は、約6.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGは約13コマ)。撮影可能範囲は、約10cm〜無限。

 外形寸法は、幅112.5mm×高さ64.4mm×奥行き41mm(最薄部25.9mm)。重量は、約241.2g(バッテリ、記録メディア含まず)。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]