logo

アップルの「App Store」が10年で成し遂げた5つの改革

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「App Store」がなければ、「iPhone」はただの電話だ。

 あまりにも長い間存在しているので忘れてしまいがちだが、このアプリストアはずっとiPhoneのコンセプトの中心にあったわけではない。App Storeがサービスを開始したのは、初代iPhone登場の1年後、「iPhone 3G」発表時のことだ。App Storeは10年前の2008年7月10日に62カ国のiPhoneおよび「iPod Touch」ユーザーのためにサービスを開始し、MLBやThe New York Timesなどの500本のアプリが並んだ。

 Appleの狙いを理解するまでに、それほど時間はかからなかった。App Storeが開始された週末には、アプリ数は800本に増え、ダウンロード回数は1000万回を超えた

 当時の最高経営責任者(CEO)、故Steve Jobs氏は、「わずか3日間で1000万回ものアプリダウンロードをたたき出したApp Storeはグランドスラムだ」と語った。

 同氏は決して大げさではなかった。10年後、同社のマーケティング責任者であるPhil Schiller氏は、App Storeは「(Appleの)多大な期待のすべてを超えた」と語った。

 今では毎週、155カ国から5億人のユーザーがApp Storeを訪れる。ダウンロード可能なアプリは200万本以上あり、その中の約130万本は「iPad」もサポートする。同社によると、開発者がアプリから得た収益の累計は、2018年6月時点で1000億ドル(約11兆円)以上だ。

 AppleにApp Storeに関する他の統計について尋ねたが、返答はなかった。

 元IHS Markitの技術アナリスト、Ian Fogg氏は「Appleが確立したアプリ配布モデルは、その1年前のiPhoneの立ち上げと同じくらい、今日のスマートフォンのマスマーケットの創出にとって重要だった」と語った

 AppleのCEO、Tim Cook氏はApp Storeの10周年に際し、ツイートで以下のメッセージを投稿した。

10年前、App Storeは世界を変える革命をスタートした。数え切れないほどの方法で、役立つアプリが、何億人もの人々の生活をより良くしている。App Store、10歳の誕生日おめでとう!(Cook氏のツイート)

 App Storeがそれまでの携帯電話をどのように変えたのか、5つのポイントを見ていこう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]