logo

Facebook、洋服やメイクを購入前に試せるAR広告を導入

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年07月13日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは広告に拡張現実(AR)を導入し、ユーザーが洋服やメイクアイテムを購入前に「試す」ことができるようにする。

提供:CNET
提供:CNET

 AR広告はニュースフィードに他の広告と同じように表示されるが、写真には新たに「Tap to try on」(タップして試す)オプションが追加される。広告をタップすると、Facebookは端末のカメラにアクセスし、ユーザーが商品を身に着けるとどう見えるかを確認できるようにする。

 商品が気に入ったら、こうしたAR体験から実際に購入する手続きに「シームレスに」移行できるとFacebookは述べている

 この広告を最初にテストしたブランドはMichael Korsで、サングラスを試着して購入できるようにした。

 Facebookは2018年夏のうちにAR広告をさらに拡大し、Sephoraなどのブランドを扱う計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]