logo

「Google Pay」で個人間送金が可能に--まず米国で

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年07月11日 08時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Pay」で個人間送金が可能となる。Googleは、PayPalやその傘下のVenmoなどに対する競争力を強化し、各種機能の統合を進めている。

Google Pay
提供:Google

 Googleの決済サービスはこれまで、異なる処理に特化した複数のアプリという形をとってきた。同社は2017年に、「Android Pay」と「Googleウォレット」の名称を変更することを発表し、その後、個人間送金サービスである「Google Pay Send」を提供開始した。

 今回は、Google Payに力を入れている。

 Googleはブログ記事で、Google Pay SendをGoogle Payに統合することを明らかにした。同社によると、米国に居住するユーザーはGoogle Payで送金や送金請求が可能で、英国でもまもなく可能になるという。

 Googleが擁するアカウント数と、ほとんどのユーザーがGoogleアカウントを持っているという事実から、Google Payの個人間送金は瞬く間に普及する可能性がある。しかし、Venmoは既に大きくリードした状態にある。

 Google Payではさらに、コンサートチケットや搭乗券の保存もできるようになる。チケットは、「Passes」タブのメンバーズカードやギフトカード、クーポンと同じ場所に保存される。

 決済情報を管理するダッシュボードも追加される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]