logo

バイドゥの自動運転プロジェクト「Apollo」、自律運転機能の強化でMobileyeと提携

Kyle Hyatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年07月05日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の検索大手である百度(バイドゥ)は、さまざまな分野に事業を拡大しているが、最も有名なのはおそらく自動運転の分野での取り組みである。同社のオープンソースの自動運転車プロジェクト「Apollo」は始動からしばらく時が経ち、米国でも自動運転を手掛ける複数の新興企業に採用されている。同社は、Mobileyeの「Responsibility Sensitive Safety」と「Surround Computer Vision Kit」をApolloに組み込むことにより、この取り組みを大きく前進させようとしている。

提供:Baidu
提供:バイドゥ

 MobileyeのResponsibility Sensitive Safety(RSS)は、必要だと判断すれば積極的な行動も辞さないなど、人間のような意思決定を車両にさせる、自動運転ソフトウェアの世界ではかなり独特なシステム。バイドゥは、RSSを単独で使用するのではなく、Apollo独自の意思決定ソフトウェア「DPS」に組み込む計画だ。これが可能なのは、RSSがブラックボックスとして設計されておらず、採用した会社はRSSの仕組みを確認した上で、その意思決定プロセスを把握できるからだ。また、RSSには、特定の技術に依存しない点もほかにはない特徴となっている。そのため、さまざまなシステムと連携させるのに大掛かりな改変が必要ない。

 一方、Surround View Camera Kitは、重要な箇所をカバーするように車体全体に配置された12台のカメラをつなぎ、車両周辺の広範囲にわたる状況を把握するように設計されている。Mobileyeのテストでは、レーダーもライダーも使わず、このカメラシステムとGPSだけで自律走行車を走らせることに成功している。

 先ごろ、RSSとSurround View Camera Kitが動く様子のデモが公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]