logo

ソフトバンク、自動運転バスの日本での活用に向けバイドゥと協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループのSBドライブは7月4日、百度(Baidu)が提供する自動運転システムのプラットフォーム「Apollo」を搭載した自動運転バス「Apolong」の日本での活用に向けて、百度の日本法人であるバイドゥと協業することに合意したと発表した。


 両社は、SBドライブが開発している遠隔運行管理システム「Dispatcher」と、百度のApolloを連携させ、日本の公道における自動運転バスの実用化を目指す。

 また、両社はApolongを開発・製造するバス車両メーカーの厦門金龍聨合汽車工業と協業。Apolongを日本で活用するための仕様変更などを進め、2019年初期までに実証実験用車両を含めて10台のApolongを日本に持ち込む予定だという。

 さらに、2018年度中に日本で実証実験を開始する予定としている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]