logo

ペイパル、詐欺防止とリスク管理を手がけるSimilityを1億2000万ドルで買収へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年06月22日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPalが詐欺防止とリスク管理を手がけるSimilityを1億2000万ドル(約132億円)の現金で買収することに合意した。PayPalによると、Similityのサービスを利用することで、詐欺防止機能を業者に提供することが可能になるという。

 Similityの買収で、詐欺対策ツールを業者に提供するPayPalの計画が加速するだろう、とPayPalの最高執行責任者(COO)のBill Ready氏は述べた。今回の買収前にも、PayPalはSimilityに投資しており、同社の3%を所有していた。

 Similityは機械学習と可視化、人間による分析、自動分析を組み合わせて、新規アカウント開設詐欺や通信詐欺、資金洗浄などを検知するのに使われる。

 PayPalはこの1年の間に、iZettle、Hyperwallet、Jetlore、Swift Financialを買収してきた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]