logo

グーグル、「Project Maven」以外でも軍事技術に関与か--社内の反対で延期に

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月22日 12時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは従業員の抗議を受けて、AIがドローン兵器に利用される可能性のある米国防総省の軍事プロジェクト「Project Maven」の契約を更新しない意向であることが報じられた。さらに今回、Project Mavenの他にも、政府との契約が社内の反発を招いた事例があることが明らかになった。

 Bloombergによると、2018年に入って、「Group of Nine」として知られるGoogleのソフトウェアエンジニアたちのグループが、「エアギャップ」と呼ばれるセキュリティ機能の開発に関わることを拒否した。このプロジェクトが成功すれば、同社が機密扱いの軍事契約を勝ち取る可能性があったことがその理由だという。報道によると、そのプロジェクトは延期される、とGoogleのテクニカルインフラストラクチャ担当シニアバイスプレジデントのUrs Holzle氏は述べたという。

 エアギャップ技術の開発が今も進められているのかどうかは不明である。基本的に、この技術は政府のコンピュータをネットワーク上のほかのコンピュータから分離し、政府のデータを隔離する、とBloombergは報じている。

提供:AFP/Getty Images
提供:AFP/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]