logo

ドコモとand factoryら、未来の家プロジェクト第2弾--IoTスマートホームで実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 and factoryは6月11日、「未来の家プロジェクト」に新たな参画企業を迎え、IoTスマートホームを用いた第2回生活モニタリング実証実験を開始すると発表した。

食事内容の解析によるアドバイスや、肌状態や湿度など環境情報をもとに適切な化粧品を提供し、健康と美容をサポート
食事内容の解析によるアドバイスや、肌状態や湿度など環境情報をもとに適切な化粧品を提供し、健康と美容をサポート

 未来の家プロジェクトは、and factoryがNTTドコモと共同で、2017年6月に発足したもの。第1回生活モニタリング実証実験では、さまざまなIoT機器からデータを収集する基盤の運用と行動パターンを可視化した。

 新たに、グリーンブルー、三和シヤッター、資生堂、凸版印刷、foo.logが参画し、6月12日から9月24日まで、横浜市内の相鉄文化会館駐車場で、第2回実証実験を実施する。

 第2回実証実験では、居住者に合わせた快適な居住空間の実現に向け、ドアの開閉記録、人感センサ値や空気環境なども解析し、個人の生活パターンを定量的に評価する。

 さらに、プロジェクト参画企業と連携し、離れて暮らす家族などを見守ることができる環境づくりに加え、居住者の状況に応じた食事やスキンケアのアドバイスを行う仕組みづくりについても検証する。

 and factoryは本プロジェクトにおいて、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者が便利で快適に生活できるUI設計、アプリの開発を担当する。

センシングした情報の可視化 (アプリへの表示例)と スマートフォンを利用した IoT家電操作の例
センシングした情報の可視化 (アプリへの表示例)と スマートフォンを利用した IoT家電操作の例

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]