logo

米議員、グーグルと中国端末メーカーとの関係に「安全保障上の懸念」表明

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年06月08日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社Alphabetは米国時間6月7日、中国のテック企業との関係について厳しい目を向けられた。

 Mark Warner米上院議員(民主党、バージニア州選出)は、最高経営責任者(CEO)のLarry Page氏に宛てた公開書簡で、中国の大手端末メーカー2社、Huawei(ファーウェイ)およびXiaomi(シャオミ)と、Alphabetとの取り引きについて懸念を表明した。同氏は、AlphabetとTencent(テンセント)の関係についても疑問を呈した。

 中国企業がGoogleのデータにアクセスする可能性により「国家安全保障上の懸念が生じる」とWarner氏は書簡で述べている。同氏はPage氏に対して、これらの企業との取り引きについてもっと多くの情報を公開するよう求めている。

 米国政府は以前より、ファーウェイに中国政府とのつながりがあるとして懸念している。

 3日には、Facebookが端末メーカー60社以上とデータ共有で提携しているとThe New York Times(NYT)が報じていた。ファーウェイに対してユーザーデータにアクセスできる特別な権限を与えていたことも報じられている

 米議会の警告は、中国政府が米国人を電子的にスパイできるという懸念をめぐる米中間の緊張を浮き彫りにしている。

提供:Stephen Shankland/CNET
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]