logo

「日本は世界で2番目に寝ていない」--ヘルスケアに特化したスマートウォッチ「Fitbit Versa」 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Versaが健康管理の中心的な存在に

メラニー・チェイス氏
メラニー・チェイス氏

 フィットビット プロダクトマーケティング バイスプレジデントのメラニー・チェイス氏も「スマートウォッチのカテゴリは急速に成長している」という。

 Versaは1年半前に日本におけるヒアリングで得られた「ウェルネス全体にフォーカスにしたもの、バランスのとれた生活を実現できる助けしてくれるもの、仕事でもつけていられる美しい見た目のものが欲しい」というニーズを反映したものであると説明。

日本でのヒアリングが開発に活きているという
日本でのヒアリングが開発に活きているという

 「これまでは男性ユーザーが多かったが、これからは女性も増える。美しく、1日中身につけていられるデザインにした。女性の手首にあった違和感のないものになっている」と、デザイン性と使いやすさを強調した。

 「スマートウォッチとしての機能性に優れていて、なおかつ女性の健康管理機能も備え、ウェルネスパートナーでもあるVersaは、Fitbitの良さが満載であり健康管理の中心的存在である」と自信を見せた。

Versaの法人導入第1号に損保ジャパン

千川原智康氏
千川原智康氏

 フィットビット・ジャパン合同会社のカントリーゼネラルマネージャー 千川原智康氏よれば、フィットビットではBtoB向けのエンタープライズ向けの対応も積極的に行っているといい、経済産業省による健康経営に関するガイドラインをもとに、約100社くらいの企業が日本国内において、なんらかの形でFitbitデバイスを健康経営に活かしているという。

 Versaでも法人向けの導入も強く展開していきたいとして、Versaの法人導入の第一号として損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険での大規模導入を発表した。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険にVersaが300台導入される
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険にVersaが300台導入される

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険では、女性社員を中心に約300名にVersaを貸与し、同社の健康経営に活かすとともに、女性目線での新たなサービスの開発に活かしたいとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]