logo

ASUS、AI活用の2画面ノートPC「Project Precog」で未来のビジョンを示す

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月06日 08時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll Right Scroll Left

 ASUSは台北で開催中のComputexで現地時間6月5日、未来に対する同社のビジョンとしてデュアルスクリーンノートPC「Project Precog」を発表した。

 そう、私たちが向かう未来に「キーボード」は不要だ。

 「ベーパーウェアではなくリアルなものを開発するつもりだ」とASUSのグローバルPCおよびスマートフォン担当マーケティングシニアディレクターを務めるMarcel Campos氏は、2019年に発売予定のこのコンセプトノートPCの発表に先立ち述べた。

ASUSのコンセプトノートPC「Project Precog」
ASUSのコンセプトノートPC「Project Precog」
提供:Aloysius Low/CNET

 ASUSはこのノートPCを、人工知能(AI)を活用する「Force for Good」(善を促進する力)にしたいと考えている。具体的に何ができるかというと、2つの画面は、ユーザーがノートPCをどのように使いたいのかを予測することができる。マウスやキーボードが周辺に存在することを把握し、存在しなければ仮想のマウスやキーボードを提供する。ユーザーの指がノートPC上のどこにあるかを認識し、それに応じて仮想キーボードの位置をずらすことさえ可能だ。

 もちろん、顔認証と音声認識の機能も備える。

 また、通常のノートPCとしての「スタンドモード」のほか、「ブックモード」「テントモード」「フラットモード」で使えるように最適化されている。クリエイティブな作業向けにスタイラスにも対応する。ビジネス向けの機能としては、ミーティングの時間を予測してバッテリを適切に節約することを時間とともに学習し、バッテリ切れにならないようにする。

 要するに、とても賢いノートPCなのだ。

主要スペック

  • デュアルスクリーン
  • スタンドモード、ブックモード、テントモード、フラットモードの4つの形態で使用可能
  • アダプティブ入力。キーボードが取り外されていることを認識し、2つ目の画面をタッチスクリーンキーボードにする
  • 指の位置を認識して、それに応じてキーボードを適切な位置に表示する
  • スタイラスが近接していることを検知し、描画モードに切り替える

  • この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

    -PR-企画特集

    このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
    Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
    [ 閉じる ]