logo

セガ、対戦型VR eスポーツタイトル「TOWER TAG」を秋葉原にも展開

佐藤和也 (編集部)2018年06月01日 16時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「TOWER TAG」イメージ
Scroll Right Scroll Left

「TOWER TAG」イメージ

(C)VR-Nerds GmbH

 セガエンタテインメントは6月1日、新VRアトラクション「TOWER TAG」を、東京・秋葉原にあるセガ秋葉原3号館内「SEGA VR AREA AKIHABARA」に導入すると発表した。

 TOWER TAGはドイツのVR Nerds(ヴイアールナード)が開発したタイトルで、プレーヤーは2チーム(2人VS2人)に分かれて対戦する“VR eスポーツ”を標榜するタイトル。国内においては、2月から東京ジョイポリスにて稼働している。

 近未来の都市が舞台を舞台として、VR空間内はタワーが複数存在し、ワイヤーアクションを行うことでタワー間を移動。相手の背後に回って攻撃することも可能となるなど、戦略や直感、反射神経などが要求されるタイトルとなっている。

 プレイ時間は8分間(練習モード4分、本番モード4分の計8分間)で、プレイ料金は1000円。対象年齢は13歳以上となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]