logo

ソフトバンク、ブロックチェーンベースの認証ソリューションをCloudMindsと共同開発

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは5月29日、CloudMinds Technologyとブロックチェーンをベースとした認証ソリューションを共同開発したと発表した。

 CloudMindsが持つブロックチェーンベースの認証ソリューションと、モバイルキャリアとしての認証プラットフォームを組み合わせたもの。モバイルデバイスの識別子(デバイス固有のID)と所有者情報をブロックチェーン上のIDに関連付け、サービス利用時の認証を可能にする。デバイスの所有者を安全に認証できるため、ユーザーIDやパスワードを入力することなく、さまざまなウェブサービスにログインできるようになる。

 同ソリューションのフレームワークは、強力なDDoS攻撃対策が可能なSDP(software defined perimeter)プロトコルを採用。同技術により、高セキュリティなID管理共通基盤を提供できるようになった。また、CloudMindsのPermissioned Chain(CMPC)技術では、コンセンサスアルゴリズムとして、膨大な計算能力を必要とせずに「51%攻撃」を防止できる「Legitimate Proof of Work」(LPOW)を採用する。

 これらのソリューションは、エンタープライズ分野、特に「the Identity of Things(IDoT)」の分野に適しているという。IDoTは、全てのインテリジェントデバイスに共通のID空間を提供するID管理プラットフォームであり、世界中のデバイスとの相互認証が可能になる。また、CMPCは実社会のニーズに応じた階層的なID管理構造に対応しているため、柔軟で効率的な管理が可能だという。

 同社では、流通するデバイスが多様化し、サービス認証やネットワーク接続の機会が増加し、ユーザーとデバイスやサービスを連携することが重要となっているが、それを一元管理するソリューションがこれまで存在しなかったとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]