logo

グーグルとPayPal、「Google Play」など各種サービスの支払いで連携

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年05月25日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国ではこの数カ月間で、GoogleとPayPalの組み合わせが買い物に使える主要なサービスになりつつある。店舗で買い物をするなら、「Google Pay」からPayPalを利用できるし、友達に借りたお金を返すなら、(PayPal傘下の)Venmoを利用できる。そして今回、Googleのさまざまなサービスの料金を支払うときにも、PayPalを利用できるようになった。つまり、Googleのサービスに関する限り、PayPalを銀行口座のように利用できるようになったわけだ。

 「Google Play」「YouTube」「Gmail」「Google Store」、それにGoogle Payなど、Googleのサービスを利用している米国のユーザーは、米国時間5月25日から、PayPalに1回ログインするだけでそれらのサービスのアカウントをPayPalのアカウントに紐付けられるようになった。PayPalによれば、ユーザーは自分のPayPalアカウントをGoogleのどれかのサービスに追加するだけで、Googleのエコシステムで提供されている他のサービスの支払いもできるようになるという。TheStreetが報じた。

 ただし、GoogleのサービスのアカウントとPayPalのアカウントを連携させられるのは「PayPalが決済手段として提供されている」サービスに限られる。

 TheStreetは、PayPalがVenmoのデビットカードをテストしていることも報じた。導入されれば、Venmoのサービスを従来型の銀行により近い形で利用できるようになるだろう。

提供:Ted Soqui/Corbis
提供:Ted Soqui/Corbis

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]