logo

PayPal、銀行機能の提供を開始へ--デビットカードや残高保護など

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年04月13日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPalは、数カ月以内に従来型の銀行が持つ機能を米国の一部ユーザーに提供する予定であることを明かした。それには、PayPalのデジタルウォレットの残高が米連邦預金保険公社(FDIC)の保護対象になることや、小切手による直接入金、現金の引き出しに使用できるデビットカードが含まれる。

 PayPalがThe Wall Street Journal(WSJ)に述べたところによると、新しい銀行機能は最初の試験段階を経て、2018年前半に提供される予定だという。PayPalは過去のサービス使用状況に基づいて、試験に参加する候補者を決める予定だ。

 この銀行機能は、従来の金融サービスを利用できない人々を想定したものだ。

 PayPal自体が銀行になるのではなく、他の銀行と連携してモバイル預金に取り組む。また、ユタ州の銀行と協力して消費者と小企業向け融資に取り組むという。同社は、ATMのネットワークとも提携していくと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]