logo

「Googleアシスタント」基本機能--できること、使えるデバイス - 3/22

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2018年05月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleのスマートスピーカ

 現在、Googleは3種類のスマートスピーカを販売している。「Google Home Mini」と日本未発売の「Google Home Max」、そして当初からのGoogle Homeだ。技術的に言うと、「常に待機状態」にあるので、いちいち手動で起動しなくても音声コマンドを受け付ける。

 とはいえ、常にユーザーの声を全て録音しているわけではない。「起動ワード」というあらかじめ決まっているフレーズで呼び出された時点で、録音と応答を始める。

 Googleアシスタントの場合、起動ワードは「Hey Google(ねぇ Google)」か「OK Google」だ。例えば、「ねぇ Google、次の夏季オリンピックはいつ?」と聞けば、スピーカが起動して、答えが返ってくる。

Googleのスマートスピーカ

 現在、Googleは3種類のスマートスピーカを販売している。「Google Home Mini」と日本未発売の「Google Home Max」、そして当初からのGoogle Homeだ。技術的に言うと、「常に待機状態」にあるので、いちいち手動で起動しなくても音声コマンドを受け付ける。

 とはいえ、常にユーザーの声を全て録音しているわけではない。「起動ワード」というあらかじめ決まっているフレーズで呼び出された時点で、録音と応答を始める。

 Googleアシスタントの場合、起動ワードは「Hey Google(ねぇ Google)」か「OK Google」だ。例えば、「ねぇ Google、次の夏季オリンピックはいつ?」と聞けば、スピーカが起動して、答えが返ってくる。

提供:Chris Monroe/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]