logo

ジャック・ドーシー氏、仮想通貨への期待を語る

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月21日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TwitterとSquareの最高経営責任者(CEO)であるJack Dorsey氏が、ニューヨークで開催されたブロックチェーン関連のカンファレンス「Consensus」で、ビットコインに対する熱意をあらためて示すとともに、ビットコインの使用拡大を目指すSquareの最近の取り組みについて話した。

 Dorsey氏は壇上で、「インターネットはネイティブな通貨を持つようになるので、それが実現するのを待つのではなく、その実現を促進しよう」と述べた。「その通貨がビットコインになるかどうかは分からないが、私はそれを期待している」(Dorsey氏)

 Squareは1月に、「Cash App」を通じてビットコインを即時売買できる機能を米国で提供している。こうした動きは、ビットコインがより一般的な決済手段となる上で立ちはだかる多くの壁を浮き彫りにしている。仮想通貨は広範に受け入れられておらず、多くの人々は使うのではなく保有する傾向にある。しかし、Dorsey氏が仮想通貨を支持し続けることで、デジタル通貨を構築しているコミュニティーは、さらなる支持を呼び込む可能性のある有名な支援者を味方につけることになる。

 Squareは5月、第1四半期に3410万ドル相当のビットコインを売却したが、購入に3390万ドルを支出する必要があり、利益はわずか20万ドルだったと述べていた。

Jack Dorsey氏
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]