logo

「Android P」ベータ版リリース--ホーム画面の改良など主な変更点

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月09日 09時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはカリフォルニア州マウンテンビューで開催中の年次開発者会議「Google I/O」で、次期モバイルOS「Android P」の新機能を明らかにした。また同日、ベータ版を「Google Pixel」など一部の機種を対象にリリースした。


提供:Google

「iPhone」に似た新しいジェスチャ

 「Android」でまもなく、「iPhone X」のようなジェスチャ操作ができるようになる。

 Android Pでは、ホーム画面をシンプルにすることによってこれを実現する。ホーム画面のボタンは、ホーム、戻る、最近の3つから、ホームボタン1つだけになる。


提供:James Martin/CNET

 iPhone Xのように最下部から上方向にスワイプすることができる。半分までスワイプすると、起動アプリのプレビューが表示されるので、スクロールして必要なアプリを開くことができる。一番上までスワイプ(または残り半分をスワイプ)すると、アプリの一覧が表示される。戻るボタンはアプリ内にしか表示されない。マルチタスク/タブボタンはなくなっている。

 新しいスライダー式ホームボタンに加えて、テキスト選択、スクリーンショット、通知管理が改善されており、それ以外にも小さな変更が多数加えられている。


Smart Select機能
提供:Jessica Dolcourt/CNET

通知の改良

  • Android Pでは、通知に画像が追加されている
  • ユーザーがいつも無視する通知を認識し、無効にするかどうかをユーザーに尋ねる
  • 通知を長押しすることによって、設定を開き、オプションを管理することができる
  • 通知トレイの最下部に「通知の管理」ボタンが追加されている

スマホの使用時間を表示するダッシュボード

 「Dashboard」は各アプリに費やした時間など、スマートフォンの使用状況を表示する新しいビューだ。スマートフォンを有意義に使えていないと感じたら、使い方を変えることができる。Android Pでは、「App Timer」機能によりアプリの時間制限を設定することができ、アプリをグレー表示にすることで制限時間に達したことを知らせてくれる。

 スマートフォンの画面を下にしてテーブルなどの上に置くと、自動的に「Do Not Disturb」(おやすみ)モードが設定され、再び手に取るまで通知を切ることができる。もちろん、特定の連絡先からは通知が来るように設定することも可能だ。

「Wind Down」で就寝を促進

 Wind Downモードは、設定した就寝時刻に合わせてスマートフォンを徐々にグレー表示にする機能だ。ブルーライトフィルタの代わりにはならないが、画面の内容に対する興味が薄れるように、脳を仕向けることができる。


Wind Down機能
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]