logo

パナソニック、低域にこだわったスマートスピーカ--「Chromecast built-in」対応システムも

加納恵 (編集部)2018年05月08日 14時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは、「Google アシスタント」を搭載したスマートスピーカ「SC-GA10」と「Chromecast built-in」対応のオールインワンステレオシステム「SC-HC2000」を発表した。

 SC-GA10は、ハンズフリーで音楽再生ができるGoogle アシスタント built-inに対応し、音楽再生はもちろん、天気やニュース、交通状況、スケジュール管理などが声で指示することで確認できる。

 シルクダイヤフラムを使用した2つの2cmソフトドームトゥイータと、特別設計のディフューザー、8cmのウーファを備え、背面パネルに「ロングバックバスレフポート」を搭載。これにより、豊かな低音を生成する。

 サイズは高さ284mm×幅100mm×奥行き100mmで、重量約1.7kg。Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応する。対応コーデックはAAC、SBC。マルチルーム再生機能により、Google Homeをはじめとする、Chromecast built-in対応スピーカと組み合わせると、音楽を同期して再生ができる。発売は5月25日。想定税別価格は3万円前後になる。

「SC-GA10」
「SC-GA10」

 SC-HC2000は、アンプ、CDプレーヤー、スピーカを一体化したコンパクトオーディオ。Chromecast built-in対応で、Google Play Music、Spotify、TuneInインターネットラジオなどの音楽ストリーミングアプリから音質を低下することなく高音質のまま直接キャストできる。

 本体には4Gバイトのメモリを内蔵。事前にCDを録音すれば、CD5枚を入れ替えず再生できる「デジタル5チェンジャー」として使用可能。AMラジオ番組がFM放送で聞けるワイドFMやデジタルレコーダー「ディーガ」にためた音源をかんたんに離れた場所でも楽しめる「サウンドジャンプリンク対応」も可能だ。

 サイズは高さ225mm×幅420mm×奥行き102mmで、重量約2.5kg。Bluetoothによるワイヤレス再生もでき、対応コーデックはAAC、SBCになる。発売は6月22日。想定税別価格は3万5000円前後。

「SC-HC2000」
「SC-HC2000」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]