logo

アマゾン、子ども用「Echo Dot」を発表--「Alexa」も子ども向けにチューニング

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年04月26日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間4月25日、音声駆動のデジタルアシスタント「Alexa」を利用した一連の子ども向け新サービスを初披露した。これはAmazonがすでに展開している子ども向けプログラム「FreeTime」を、スマートスピーカに導入したものだ。Amazonは同時に、79.99ドル(約8800円)の「Echo Dot Kids Edition」も発表した。ハードウェアは通常の「Echo Dot」と同じだが、手荒に扱われても壊れないよう、便利なバンパーケースが付属している。新サービスとEcho Dot Kids Editionは、どちらも米国で5月9日から入手できる。


Echo Dot Kids Edition
提供:Sarah Tew/CNET

 FreeTime版のAlexaは、分かりやすい言葉で話す、子どもがしそうな質問への回答を増やす、新しいペアレンタルコントロールを提供するなど、より年少の利用者向けの修正が加えられている。AmazonでFreeTimeを統括するディレクターのJosh Sherman氏によると、これはおおむね5〜12歳の子どもを対象としているという。

 「子どもがもっと使いやすいようにAlexaをチューニングした」とSherman氏は語った。

 子ども向けのAlexaの発売が、Amazonにもたらすメリットは明確だ。発売から4年がたつ音声アシスタントを、まだ幼い新規ユーザーに使ってもらえば、大きくなってからもAmazonで買い物をするようになるだろう。

 AlexaのFreeTimeにも、タブレット用FreeTimeの子ども向けアプリと同様に、無料版と有料版が用意されている。


提供:Sarah Tew/CNET

 Echo Dot Kids Editionは、有料版「FreeTime Unlimited」の1年間のサブスクリプションのほか、バンパーケース、デバイスの2年保証などがパッケージされている。これは子どもがAlexaを階段から落としたり、シリアルの入ったボウルに沈めたりする事態に備えたものだ。

 プライバシー面では、広告がFreeTime版のAlexaではカットされている。とはいえ、Alexaではもともと広告は制限されている。また、個人を特定できるデータや録音された音声はユーザーの同意なくサードパーティーの開発者に共有されない。これは通常のAlexaと同じだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]