logo

アマゾン、子供の「Fire」タブレット利用状況を確認できるダッシュボードを提供

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2017年04月13日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者の4歳になる娘は、妻の「iPhone」を勝手に手に取り、どこかに隠れて何時間も「YouTube Kids」アプリを見ていることがよくある。筆者や妻は合間を縫って、娘がどんな動画を見ていたのかをチェックしているが、すべての動画の再生履歴を確認するのは難しい。

タブレットで遊ぶ少女
タブレットに夢中のご様子
提供:Ben Fox Rubin/CNET

 このような問題に悩まされている大勢の保護者のために、Amazonは米国時間4月12日、子供のデジタルメディア利用状況をチェックできる新しいツールを提供すると発表した。これは「FreeTime」アプリに付随する新機能で、「Parent Dashboard」と呼ばれる。

 このダッシュボードは13日から米国で無料公開されており、任意のウェブブラウザからparents.amazon.comにアクセスすると、FreeTime上の利用状況レポートをアカウントごとに毎日チェックできる。FreeTimeは、子供がAmazonの「Fire」タブレットで年齢に応じたコンテンツのみを楽しめるようにできるアプリだ。新しいウェブサイトでは多くの子供向けの本やゲームに関するフラッシュカードが表示され、保護者は自分の子供がFreeTimeアプリで楽しんだコンテンツに関する情報をすばやく簡単に確認できる。

「Parent Dashboard」
「Parent Dashboard」
提供:Amazon

 Parent Dashboardは、保護者や子供に楽しんでもらえるサービスを提供するというAmazonの戦略に完全に合致している。Amazonでは、家族全員が自社のウェブサイトやサービスの愛用者になることを期待している。また、この新しいダッシュボードによって、FreeTimeの有料版「FreeTime Unlimited」に、より多くの人々を取り込めるようになるかもしれない。FreeTime Unlimitedは、特定の年齢層向けの本やアプリやゲームのセットをカスタマイズできる機能を備えており、月額3ドルから利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集