logo

Instagram、シェアした写真などデータのダウンロード機能を提供開始

Alina Bradford (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月25日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramにアップロードしたデータをすべて保存して、別のプラットフォームに移行できるようにしたい(あるいは、単にすべてのコピーを取っておきたい)場合、それができるようになった。この措置は、Instagramが欧州の新たなプライバシー規則である一般データ保護規則(GDPR)を順守するための一環である。GDPRは、ユーザーが自分のデータに対する管理を強化できるようにすることを目的とするルールだ。

 現時点で、データのダウンロード機能はウェブ版で利用できるが、「iOS」および「Android」向けにも近く提供開始される。ウェブ版でデータをダウンロードする方法は、以下の通りだ。

  1. instagram.comにアクセスする。
  2. 「プロフィールを編集」オプションの横にあるギアの形のアイコンをクリックして、「プライバシーとセキュリティ」を選択する。
  3. 「データのダウンロード」まで、下へスクロールする。
  4. 「ダウンロードをリクエスト」をクリックする。
  5. 自分の電子メールアドレスが自動的に表示されない場合は入力して、「次へ」をクリックする。
  6. パスワードを入力して、「ダウンロードをリクエスト」をクリックする。

提供:Alina Bradford/CNET

 その後、Instagramはユーザーがシェアした写真、コメント、プロフィール情報、その他のデータを含むファイルを作成して、ファイルへのリンクをユーザーに電子メールで送信するので、ユーザーはファイルをダウンロードできる。このプロセスは最大48時間かかる場合があると書かれているので、すぐに処理されるとは期待しないほうがいい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]