logo

ディズニーコラボのプログラミング教材「テクノロジア魔法学校」が4月21日から提供開始

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年04月20日 17時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライフイズテックは4月20日、ディズニーの世界を楽しめるオンラインプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を4月21日より提供すると発表した。価格は税別12万8000円で、月額1万600円の分割払いも選べる。


 

 テクノロジア魔法学校は、「プログラミングは現代の魔法である」をテーマとしたプログラミング学習教材。JavaScript、HTML、CSS、Processing、Shaderといったプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインなどを総合的に学習できる。自宅のPCを使って学べる基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分の学習コンテンツを用意し、週1回2時間の学習で約1年間学べるという。

 学習内容は、魔法学校を舞台にしたオリジナルストーリーで展開し、ロールプレイングゲームのように冒険を進めながらプログラミングについて学べる。「アナと雪の女王」「ベイマックス」「アラジン」といったディズニー作品13タイトルを使用したレッスンが用意されているという。

 メインストーリーは、アニメ監督の中村亮介氏が脚本を担当。キャラクターデザイン・イラストは細居美恵子氏が手がけ、学習教材としてだけでなく本格的な“エンターテインメント×教育”のコンテンツに仕上がっているという。


 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]