logo

企業にあったキャラクターAIを作成--NTTレゾナント「goo AI xDesign」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTレゾナントは4月19日、「gooのAI」を活用した自然な対話が可能なAIのセミオーダーソリューション「goo AI xDesign(グー・エーアイ・クロスデザイン)」の販売を開始したと発表した。


 同社ではこれまでも、独自開発した「gooのAI」技術をさまざまな形で発展させ、自社サービスへと導入してきた。例えば、恋愛相談AIサービス「教えて!goo」オシエル(2016年)や、対話を通じて旅行プランを提案する「goo旅行AI」(2017年)などがある。

 また、顧客企業の導入事例では、日本テレビ放送網のTVドラマ連動型AI会話サービス「AIカホコ」(2017年)、旅行プロモーションの一環で航空会社が提供するAIチャットサービス(2018年)などがある。


 同社によると、AIが人との自然な対話をスムーズに行うためには、「膨大な量の対話に関するデータ」と「文脈理解」が必要だという。「gooのAI」は、ユーザーの集合知である約3000万件の「教えて!goo」のデータなどを活用し、最先端の研究成果を用いたディープラーニングで文脈理解の精度を上げたことで、「自然な対話」を可能にしている。

 こうして蓄積した技術・ノウハウを生かし、企業向けサービスとして、自然な対話が可能なAIを活用したセミオーダーソリューション「goo AI xDesign」の販売を開始した。

「goo AI xDesign」は、コンサルティングからAIサービスの創出までを一貫して支援する、自然対話型AIのセミオーダーソリューション。顧客企業が持つキャラクター情報やデータと、同社が持つAIエンジンを組み合わせて、キャラクターAIを作成できる。

 なお、「gooのAI」のノウハウである自然対話型AIを基に、キャラクターの性格をデータ(セリフ・シナリオなど)を用いて設定することで、まるでそのキャラクターと話しているかのようなリアル感のある対話が楽しめるという。

 同社では、ネット通販(EC)サイトにおける商品レコメンド機能への活用や、旅行分野での観光プロモーション、ゲーム分野におけるユーザーロイヤリティ向上施策など、多様な業界の顧客接点ニーズにあわせてAIをチューニングできるとしている。

「gooニュースアプリ」に「インフォグラフ」機能

 さらに、同社が提供する無料のニュースアプリ「gooニュースアプリ」に「インフォグラフ」機能を5月より搭載すると発表した。インフォグラフは、ユーザーがどのジャンルのニュースをどれくらい読んでいるのかを「gooのAI」が分析。グラフによって可視化する機能。

 これにより、ユーザーは自分が無意識に嗜好しているニュースジャンルを知ることができ、好きなものに気づく体験ができるようになる。また、「goo」が保有するデータと「gooのAI」を活用し、AIによるおもてなしを実現したニュースアプリを目指すという。



-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]