logo

アマゾン「Alexa」の「Announcements」機能、家の中の「Echo」端末に一斉通知--米で開始

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月09日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ご飯できたよ」と大声で呼ぶ光景は、どこの家庭でもごく一般的に目にするものだが、「Alexa」搭載製品を利用する家庭では、もう声を張り上げる必要はない。「Announcements」という新しい機能により、Alexaに要求するだけで家の中のすべての「Echo」端末にそのメッセージを伝えることができる。

 使い方は簡単だ。「Alexa、〜とアナウンスして」「Alexa、〜とみんなに伝えて」「Alexa、〜とブロードキャストして」というコマンドでメッセージを伝えるだけだ。「Alexa、ご飯できたよとみんなに伝えて」と言うだけで、Echo端末の音声が聞こえる範囲内にいる家の中の人全員に「ご飯できたよ」というメッセージを伝えることができる。

 もちろん、複数のEcho端末を所有していることが前提だ。つまりこの機能は、家の中のすべての部屋にAlexaを設置してもらうことを狙ったAmazonによる最新の取り組みとなる。

 Googleは2017年11月に、スマートスピーカシリーズ「Google Home」で同様の機能を提供している。

 Announcements機能は、米国とカナダのAlexaユーザーを対象に現地時間4月6日に提供開始されており、AmazonのEchoシリーズのスマートスピーカ全機種で利用できるという。

 Amazonの広報担当者は米CNETに対し、「サードパーティーに取り組んでいる最中だ」と述べ、Amazonが製造したものではない多数のAlexa製品への対応に取り組んでいることを明かした。「すべてのAlexa搭載製品で一貫したカスタマーエクスペリエンスを目指しており、ソフトウェアと機能をサードパーティー開発者に提供するまでには少し時間がかかる」

 またAmazonは米CNETに対し、「iOS」または「Android」搭載端末上のAlexaアプリ、あるいは「Fire HD 8」などのAlexa対応タブレットからアナウンスを送信できるようになると述べた。しかしアナウンスを受信できるのはEcho端末のみだ。

 その条件は、Googleの機能でも同様だ。「Google Assistant」を備える携帯端末から送信可能だが、受信できるのは、Google Homeスマートスピーカと、「JBL Link 300」などのサードパーティーのGoogle Assistant搭載製品のみだ。

Alexa
提供:Ian Knighton/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]