logo

未来の医療を激変させるかもしれない、画期的なバイオテック9選 - 6/9

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年04月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生体機能チップ

 「organs on-a-chip(生体機能チップ)」として知られる、人間の生きた細胞でつながれたマイクロチップ類の開発がハーバード大学Wyss Instituteの研究者らの間で進められている。

 こうしたチップ類を使って試験管の中で人間の病気をモデル化できるようになれば、動物実験の必要がなくなるとともに、人間の体の仕組みを明解に理解できるようになり、臓器が実験的な治療に対してどう反応するかが分かるようになると期待されている。

情報元:Wyss Institute at Harvard University
Scroll Right Scroll Left

生体機能チップ

 「organs on-a-chip(生体機能チップ)」として知られる、人間の生きた細胞でつながれたマイクロチップ類の開発がハーバード大学Wyss Instituteの研究者らの間で進められている。

 こうしたチップ類を使って試験管の中で人間の病気をモデル化できるようになれば、動物実験の必要がなくなるとともに、人間の体の仕組みを明解に理解できるようになり、臓器が実験的な治療に対してどう反応するかが分かるようになると期待されている。

情報元:Wyss Institute at Harvard University

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]