logo

未来の医療を激変させるかもしれない、画期的なバイオテック9選 - 4/9

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年04月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
患者への負担が最小限で済む手術用装置

 ハーバード大学の技術開発局(OTD)と新興企業のHoliStick Medicalが共同で、患者への負担が最小限で済む手術用装置の開発を進めている。この装置について両者は「医師が臓器の損傷を修復する方法を根本から変え得るもの」と述べている。

 OTDが開発したカテーテル装置は、心臓に開いた穴や他の臓器の組織損傷を修復することが可能で、パッチのような柔らかい構造物を用いるため、固いツール類を必要とせず、糸で縫合する必要もない。この装置が検査をクリアして利用可能になれば、患者の体に負担のかかるリスクの高い手術をする回数も減り、(手術後の)回復期間が短縮される可能性もある。

情報元:Wyss Institute at Harvard University
Scroll Right Scroll Left

患者への負担が最小限で済む手術用装置

 ハーバード大学の技術開発局(OTD)と新興企業のHoliStick Medicalが共同で、患者への負担が最小限で済む手術用装置の開発を進めている。この装置について両者は「医師が臓器の損傷を修復する方法を根本から変え得るもの」と述べている。

 OTDが開発したカテーテル装置は、心臓に開いた穴や他の臓器の組織損傷を修復することが可能で、パッチのような柔らかい構造物を用いるため、固いツール類を必要とせず、糸で縫合する必要もない。この装置が検査をクリアして利用可能になれば、患者の体に負担のかかるリスクの高い手術をする回数も減り、(手術後の)回復期間が短縮される可能性もある。

情報元:Wyss Institute at Harvard University

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]