logo

「Windows 10 Redstone 4」、「HoloLens」向け最新テストビルドが公開に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2018年03月28日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、最近の数回の「Windows 10」機能アップデートの一環として、新たな複合現実(MR)機能を追加することに注力してきた。そして今後リリース予定の「Windows 10 Redstone 4」にも、新たなMR機能をいくつか搭載する計画だ

 今回、「Microsoft HoloLens」向けでは初となるRedstone 4のテストビルド「Build 17123」が公開された。これは、「Windows Insider Program」登録ユーザーがテストしているPC向けRedstone 4の最新バージョンと比べると、数ビルド前のものとなる。

 Microsoftが米国時間3月23日付で公開した「HoloLens RS4 Preview」ドキュメンテーションによると、このテストビルドはすべてのHoloLensユーザーに提供されている。ただし、プレビューをインストールするとユーザーのコンテンツはすべて消去され、デバイスは工場出荷時の設定に戻る。

 プレビューをインストールするには、まず「Windows Device Recovery Tool」の最新バージョンを入手し、なおかつHoloLensゴーグルをWindows Insider Programに登録しておく必要がある。

 公開されたドキュメンテーションには、Windows 10 Redstone 4を通じてHoloLensに実装される新機能のリストが記載されている。以下に新機能の一部を紹介する:

  • 起動時の2Dおよび3Dコンテンツの自動配置
  • よりスムーズなアプリ操作
  • リフローによる2Dアプリの幅変更
  • 音声コマンドサポートの拡張
  • 「Holograms」および「Photos」アプリのアップデート
  • 「Mixed Reality Capture」の改善
  • 音声の没入感の改善
  • HoloLens内からファイルの移動や削除ができる「File Explorer」のサポート
  • デスクトップPCからHoloLens上の写真、動画、ドキュメントにアクセスできるメディア転送プロトコルのサポート
  • Captive Portalを利用してゲストネットワーク上でHoloLensを設定できる機能

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]