logo

Waymo、ジャガー・ランドローバーと自動運転車で提携--最大2万台を調達へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年03月28日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google傘下のWaymoは米国時間3月27日、自動運転車の開発でJaguar Land Roverと提携すると発表した。新たな自動運転車は、電気自動車(EV)「Jaguar I-PACE」をベースとする。


提供:Waymo

 Waymoは2018年中に同車両のテストに着手し、今後数年のうちに最大2万台のI-PACEを自社の自動運転車に追加する予定だ。

 Waymoはブログ記事で、「この提携により、当社は安全性と静音性に優れ、環境にも優しい自動車を使って、自動運転サービスを米国内の多くのコミュニティーに提供できるようになる。究極の目標は、Waymoをドライバーとし、あらゆる目的とあらゆる移動にカスタマイズされた製品だ。Jaguar Land Roverのような革新的な自動車メーカーやOEMとの提携は、その目標実現への第一歩となる」と述べた。

 今回の提携は、Waymoとほかの自動車メーカーの間で成立した一連の提携の最新事例にすぎない。

 2018年に入って、Waymoは新型ミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」を数千台発注した。ドライバーのいない配車サービスの提供を2018年中に開始することが狙いだ。Chrysler Pacifica Hybridはレベル4の自動運転の要件を満たす最初の自動車だ。米自動車技術者協会(SAE)はレベル4について、「高度」ではあるが完全な自動運転ではないと定めている。

 Chrysler Pacifica Hybridをテストすることで、Waymoは、人々が自動車に乗りたい場所やユーザーがハイテク自動車とコミュニケーションをとる方法、さらに車内にいる人がどのような制御情報やデータを見たがるかについて、データを収集することができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]