logo

「Google Home」、1つの命令で複数のことができる「Routine」機能が追加--米国で

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月14日 08時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのサポートページ(英語)によると、同社は、ユーザーが1つのコマンドで複数のスマートホーム機器を制御できる状態に一歩近づいたという。


提供:Chris Monroe/CNET

 Googleのサポートページに、「Routine」という機能の設定方法が示されていることを、Droid Lifeが米国時間3月12日に最初に発見した。そのページによると、Routineは米国だけで提供されている。筆者が個人的に使用する「Google Pixel」にはアップデートがまだ届いていないが、Googleの広報担当者はRoutineについて、「提供が始まっており、今週末までに完了する」ことを認めた。

 Routineでは、「Googleアシスタント」対応のスマートスピーカまたはスマートフォンに関連コマンドを音声入力することにより、就寝時のスマート照明の消灯とサーモスタットの調整、または起床時のその日の予定の確認とお気に入りのポッドキャストの再生など、さまざまな種類のカスタマイズされた操作を起動することができる。

 Routineは、「Google Home」アプリの設定にある「My Day」(今日はどんな日)セクションに置き換わるものだ。現時点では、Good morning(起床)、Bedtime(就寝)、Leaving home(外出)、I'm home(帰宅)、Commuting to work(自宅から職場へ移動)、Commuting home(職場から自宅へ移動)という6つのオプションがある。

 各Routineにそれぞれ固有の要素がある。例えば、「Commuting to work」のRoutineでは、通勤経路の交通情報を自動的に知らせてくれる。Commuting関連の2つのRoutineだけは、モバイル機器で起動させる必要がある。他はGoogleアシスタント搭載端末であれば起動が可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]