飛行機の部品づくりに3Dプリンタが活躍--製造ラボを写真で見る - 2/9

Lexy Savvides (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年03月12日 07時30分
 従来、飛行機の部品は、鋳造場で金属を鋳型に流し込んで製造されてきた。このプロセスは数カ月かかることもある。

 Honeywellのラボの機械は、飛行機の部品を従来の鋳造プロセスより速く製造することができる。鋳造場だと製造に6カ月かかることもある部品を、3Dプリンタによって2週間で製造できる場合もある。
Scroll Right Scroll Left

 従来、飛行機の部品は、鋳造場で金属を鋳型に流し込んで製造されてきた。このプロセスは数カ月かかることもある。

 Honeywellのラボの機械は、飛行機の部品を従来の鋳造プロセスより速く製造することができる。鋳造場だと製造に6カ月かかることもある部品を、3Dプリンタによって2週間で製造できる場合もある。

提供:Lexy Savvides/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]