logo

ヤフー、「シェアサイクル」事業に参入--OpenStreetに資本参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは3月8日、同社の子会社で新規事業開拓をするZコーポレーションが、SBイノベンチャーの子会社であるOpenStreetに資本参加すると発表した。

 OpenStreetは、事業者や自治体を対象にシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を2016年11月から運営している。利用者は、自転車を借用・返却できるステーションの検索から決済までの一連の手続きを、スマートフォンやPCで行うことができ、ステーションであればどこでも乗り捨てが可能。


シェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」

 事業者や自治体は、GPSと通信機能を搭載した「スマートロック」と専用の操作パネルを自転車に取り付けることで、HELLO CYCLINGを活用したシェアサイクルサービスを運営できる。利用者は、異なる事業者や自治体により展開される複数のシェアサイクルサービスをひとつのIDで利用できるという。

 現在、HELLO CYCLINGを活用したシェアサイクルサービスは、栃木県、埼玉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、兵庫県、香川県などにおける約40地区で展開。約1000台の自転車が配備されている。また、小売業者や鉄道交通機関、コインパーキング運営事業者、マンションデベロッパー、観光協会など幅広い業種の企業や自治体などと連携し、各地域の特性に合わせた短距離交通インフラを提供しているという。

 なお、APAMANグループによるHELLO CYCLINGの導入も決定しており、「ecobike」のブランド名で2018年5月から福岡県で本格的にサービスが開始され、順次全国で展開される予定。


 今回の資本参加により、ヤフーグループとしてシェアサイクルという新たな領域へ参入することになる。月間約4100万アクティブユーザーの「Yahoo! JAPAN ID」、約3900万口座を持つインターネット上の決済サービス「Yahoo!ウォレット」、各種ナビゲーションアプリ「Yahoo! MAP」「Yahoo!カーナビ」「Yahoo!乗換案内」など、各サービスと連携したり、顧客基盤を活用したりすることで、HELLO CYCLINGの事業拡大を加速させるとともに、一層の利便性向上に取り組むとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]