logo

グーグルのビデオ通話アプリ「Duo」に伝言メッセージ機能

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年03月08日 10時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間3月7日、ビデオ通話アプリ「Duo」に留守番電話のような機能を追加すると発表した。

 Duoを使って発信したが、相手が応答しなかったり通話を拒否されたりした場合、ユーザーは最長で30秒の動画または音声メッセージを残せるようになる。ユーザーはメッセージを録画または録音し、内容を確認した上で相手に送信できる。受け取った相手がそのメッセージを再生するには、Duoで発信者のアイコンをタップすればよい。このメッセージは、最初に再生してから24時間で削除される。ただし、メッセージを受け取った人は、そのメッセージを自分のスマートフォンにローカル保存することができる。


提供:Google

 このメッセージは、「Duo」を使ったすべての通話と同じように、エンドツーエンドで暗号化される。

 Duoは、GoogleがAppleの「FaceTime」に対抗する目的で、2016年にリリースしたビデオ通話アプリだ。また、Facebookの「WhatsApp」や「Messenger」、それに「Skype」といったビデオ通話機能を備えるアプリも、Duoのライバルと考えられている。Googleは、Duoのユーザー数に関するデータを公開していないが、Androidでは現在までに1億回以上ダウンロードされているほか、Appleの米国向け「App Store」ではソーシャルネットワーキングのジャンルでトップ20にランクインしている。

 今回の新しい機能は、すでにAndroid版と「iOS」版で導入が始まっており、数日中に世界中で利用可能になる予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]