logo

アップル、ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンを2018年内に発売か

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月06日 07時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、子会社のBeatsとも競合することになるノイズキャンセリング機能付きのオーバーイヤーヘッドホンを開発しているという。Bloombergが米国時間3月5日に報じた


提供:James Martin/CNET

 Bloombergは事情に詳しい関係者らの話として、このヘッドホンは早ければ2018年末に発売される予定だが、開発面での問題によって発売が遅れる可能性があると報じている。

 関係者らによると、Appleは、スマートスピーカ「HomePod」の開発と同様に、このヘッドホン開発中に複数回にわたって設計を変更しており、発売前に再度設計を変更する可能性があるという。プロジェクト自体を打ち切りにする可能性もあるという。この新しいヘッドホンは、ハイエンド市場をターゲットとし、ワイヤレスペアリング機能を搭載する可能性があるとされている。

 同社は音楽を中心とした製品やサービスを継続的に拡大している。2014年にはBeatsを買収し、2015年には「Apple Music」を提供開始、2016年にはインイヤー型ヘッドホン「AirPods」を発売している。今回報じられている製品もその流れを汲むものだ。Appleはさらに、Bluetooth接続管理用の新しいワイヤレスチップを搭載し、タップすることなく「Siri」を起動することのできる新しいAirPodsを、早ければ年内にも発売する可能性があるとも報じられている。

 米CENTはAppleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]