logo

KDDI、自動運転ソフト「Autoware」を開発するティアフォーと提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは3月5日、自動運転時代を見据えて、ティアフォーと業務資本提携契約を締結したと発表した。

 ティアフォーは、オープンソースの自動運転ソフトウェア(OS)「Autoware(オートウェア)」を開発。2017年12月に日本で初めて、一般公道における遠隔制御型自動運転システムの実験を実施し、レベル4(無人運転)の自動運転に成功していた。また、市街地や中山間地域での近距離移動を目的とする完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発するなど、自動運転技術の開発と実証実験を推進している。

 一方のKDDIは、15年以上にわたるM2Mの提供実績をもち、カーテレマティクスのための通信回線やモジュール提供、グローバル通信プラットフォームの構築など、国内に留まらずグローバルにも展開できるコネクティッドカーを支える通信ネットワークプラットフォームの開発を積極的に進めてきたという。

 自動運転の実現には、遠隔による車両制御や、障害物などの動的情報によるリアルタイムな判断・制御を行うための低遅延通信に加え、ダイナミックマップの生成と配信を可能とする高速大容量通信など、多くの車両が多接続できる次世代移動通信システム「5G」の活用が期待されている。同社は、ティアフォーとの実証実験を通じて、自動運転社会を実現するための最適なネットワークを整備できるよう準備を進めていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]