logo

Twitter、嫌がらせなど対策強化へ--健全性向上に向け取り組み

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月02日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterの最高経営責任者(CEO)Jack Dorsey氏は米国時間3月1日、Twitterがオンラインの嫌がらせ、悪用、荒らし(トロール)などの深刻な問題に悩まされていることを認めた。

 Dorsey氏は一連のツイートスレッドで、Twitterのグローバルなメッセージングや会話サービスが「実世界に与える負の影響を、Twitterは完全に予測または理解してはいなかった」とし、Twitterは「悪用、嫌がらせ、荒らしの集団的行為、ボットなどによる操作、偽情報拡散活動、ますます分断をあおるエコーチャンバーを目にしてきた」と記した。

 一部の人々がTwitterのプラットフォームを「悪用」すること、そしてTwitterが適時に対処できなかったことについて、Twitterは良しと考えていないとDorsey氏は述べている。

 Twitterは2017年10月から、Twitterを悩ませる多数のオンラインハラスメントや悪用の問題を防止するために、新しいガイドラインと規則を設けている。

 Dorsey氏は投稿の中で、より健全な議論や会話を促すための今後のアプローチの概要も示している。メディア分析企業のCorticoや、Social Machinesというデータチームと協力して、Twitterで交わされる会話の「健全性」を測定するという。

 また、Twitterの取り組みに一般の意見を取り入れることにした。どうすればTwitterで一般ユーザーによる公共の会話を促進できるかについて、ユーザーからの提案を募る。応募は4月13日まで受け付けられる。採用されれば、公開データへのアクセスを許可され、Twitterのチームとともにプロジェクトを開始するための資金が提供される。

Twitter

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]