logo

大和ハウス工業、再生可能エネルギーによる電力自給自足オフィス--日本初実証実験へ

加納恵 (編集部)2018年02月26日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大和ハウス工業は2月26日、再生可能エネルギーによる電力自給自足オフィス「大和ハウス佐賀ビル」の実証実験を開始すると発表した。太陽光発電と蓄電池を組み合わせた電力自立システムを導入している。


再生可能エネルギーによる電力自給自足オフィス「大和ハウス佐賀ビル」

 大和ハウス佐賀ビルは、2017年度に「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業」に採択された建築物。太陽光発電(83.2kW)をはじめ、リチウムイオン蓄電池(75kWh)、井水・太陽熱を利用した空調システムなどの環境配慮技術を導入し、再生可能エネルギーでオフィスのエネルギー消費をすべて賄える「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」を実現した。

 同規模の一般建築と比較し、年間600万円削減できるとのこと。自然の力を活かす「パッシブコントロール」、創エネ・省エネを行う「アクティブコントロール」、それらを適正に制御する「スマートマネジメント」を組み合わせることにより、再生可能エネルギーがエネルギー消費量を上回るZEBを実現するとしている。

 敷地面積は約5556平方メートル。地上2階建ての鉄骨造で、2月26日に竣工。住宅営業所、集合住宅営業所、流通店舗営業所、大和ハウスリフォームなど約100名が勤務する。

 今後は、大和ハウス佐賀で得られた成果を自社施設へ水平展開するとともに、当事務所をショールームとしても活用し、ユーザーへの環境配慮型施設の提案、普及を加速させるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]