logo

クアルコムとBroadcom、買収について初めて協議の場へ

Charlie Osborne (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年02月13日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 QualcommとBroadcomは、買収の可能性に向けて詳細を検討するために米国時間2月14日に協議する予定だと報じられている。

 Broadcomは2017年11月、チップメーカーのQualcommに対して約1300億ドル(約14兆円)規模の買収提案を行った。

 しかしこの提案は拒否され、Broadcomは「最善かつ最終的な」提案として、およそ1460億ドル(約16兆円)を提示した。

 この提案もQualcommの取締役会は満場一致で拒否した。Qualcommは提案内容が「著しい過小評価」であるとしながらも、買収の可能性を話し合うためにBroadcomと協議することを提案した。

 この協議が2月14日に予定されているとReutersは報じている

 買収の可能性を探るためにQualcommが話し合いに応じるのはこれが初めて。Qualcommは、両社がそれぞれの議決権行使助言会社であるGlass LewisおよびISSと話し合う日より前に、協議の席に着こうとしなかった。

 Broadcomの最高経営責任者(CEO)Hock Tan氏は、Qualcommの取締役会会長Paul Jacobs氏に宛てた2月8日付の書簡で、Qualcommが13日までに話し合いの席に着こうとしないことを「驚き」だと述べ、もっと早く協議をするよう働きかけていた。

 しかしこの件に詳しい情報筋によると、Broadcomは14日に協議することに対し、今は同意しているという。


提供:Windell Oskay

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集