logo

太陽光パネルとテスラ製バッテリを5万戸に無償設置--豪で世界最大の仮想発電所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーストラリアのサウスオーストラリア州政府は、同州内にある住宅5万戸を対象として、太陽光発電システムと電気自動車(EV)メーカーTesla(テスラ)製の家庭用蓄電システムなどを無償で提供すると発表した。この取り組みにより、総発電容量250MW/650MWhの「世界最大の仮想発電所」が誕生するとしている。


「世界最大の仮想発電所」が誕生(出典:サウスオーストラリア州政府)

 設置するシステムは、発電能力5kWのソーラー発電システム、容量5kW/13.5kWhの「Tesla Powerwall 2」バッテリシステム、スマートメータで構成される。各住宅のシステムは連携するようになっており、余剰電力の売電機能も備える。家庭への設置に必要な費用は、売電による利益で回収する計画。


電力をバッテリに溜める、余剰電力は売電(出典:サウスオーストラリア州政府)

 まず、試験的に1100戸へ設置し、第2段階で新たに2万4000戸へ設置する。その後も段階的に対象を拡大し、4年後に5万戸への設置を目指す。

 予定通り設置できた場合の総発電容量は250MW/650MWh。これは約7万5000戸分の電力に相当し、サウスオーストラリア州で消費される1日分の電力の約20%を賄えるという。この容量は、Teslaがサウスオーストラリア州に建設した世界最大という蓄電施設「Tesla Powerpack」の100MW/129MWhを大きく上回る規模だ。

 サウスオーストラリア州政府は、この計画に参加する家庭の電力を30%安くできると見込む。さらに、電力網の電力安定供給にも貢献できるという。

 なお、Teslaの最高経営責任者(CEO)はElon Musk氏。同氏が同じくCEOを務めるロケット企業SpaceXは、火星向け新型ロケット「Falcon Heavy」の打ち上げを成功させた。火星へ届けるこのロケットのペイロードにはTesla製EV「Tesla Roadster」が搭載され、その運転席には宇宙服を着せられた人形「スターマン」が座らされている。

Tesla Roadsterを載せたFalcon Heavy打ち上げのようす

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]