logo

SpaceX、強力な新型ロケット「Falcon Heavy」の打ち上げに成功

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年02月07日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Elon Musk氏が率いるSpaceXは米国時間2月5日、上空の風による2時間の遅延を経て、「Falcon Heavy」の基部に搭載された27基のエンジンの全てを点火した。Falcon Heavyは米航空宇宙局(NASA)がアポロ計画を進めていた時代の「サターンV」以降、米国の国土から打ち上げられる最も強力なロケットだ。

 今回の打ち上げのデモは、ほかのいくつかの意味においても、既に歴史的な偉業となっている。

 歴史上初めて、再使用された2基のブースターが、大重量のペイロードを宇宙空間に運ぶのに使われた。そのわずか8分後、それらと同じ「Falcon 9」の2基のサイドブースターがフロリダ州のケープカナベラル空軍基地に帰還し、隣接する着陸用パッドに同時に着陸した。これは、宇宙飛行の分野で過去に例のない光景だった。

 打ち上げの試みは、そこからわずか数マイル(1マイルは約1.6km)離れた場所にあるケネディ宇宙センターの発射台「39-A」で行われた。ここでは、50年近く前、「アポロ11号」が地球から飛び立ち、歴史上初めて、人類を月まで運んだ。

 太平洋時間午後12時45分直後、この巨大な発射システムは基部から500万トンもの推力を発生させ、期待されたように、爆発事件を一切発生させずに発射塔から飛び立った。

 これは、Musk氏のチェリーレッドの「Tesla Roadster」を含むペイロードを火星に届ける非常に長い旅の最初に一部にすぎないが、長く待望されてきた打ち上げに向けて、最初の重要なハードルがクリアされたのも事実だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]