logo

「Android」バージョン別シェア、Nougatが最大に--Oreoはわずか1.1%

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年02月07日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 18カ月前に最初にリリースされた「Nougat」がついに前バージョンの「Marshmallow」を抜いて、世界で最も普及率の高い「Android」OSになった。


提供:Sarah Tew/CNET

 2月第1週の「Google Play」ストアへの訪問数に基づいてAndroidの開発者向けウェブサイトに掲載された情報によると、Nougat(7.0と7.1)は28.5%のAndroidスマートフォンにインストールされているという。

 一方、ほかのバージョンの現在のシェアは、Marshmallow(6.0)が28.1%、「Lollipop」(5.0と5.1)が24.6%だ。最新のAndroid OSである「Oreo」は1.1%にすぎない。

 対照的に、「iPhone」ユーザーの多くは通常、自分の端末で最新のソフトウェアを使用している。Appleによると、同社ユーザーの65%は「iOS 11」、28%は「iOS 10」、残りの7%は「iOS 9」以前のバージョンを使用しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]