logo

グーグルの「Motion Stills」アプリがARステッカーに対応--Android版で

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年02月07日 08時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Pixel」または「Pixel 2」スマートフォンを所有しているユーザーは以前から、「スター・ウォーズ」のキャラクターなどの3Dオブジェクトを実世界に投影する、Googleの拡張現実(AR)ステッカーを試せるようになっている。同社は今回、はるかに多くの「Android」端末でそのAR機能を使えるようにする新しい手段を提供した。

 ARステッカーの機能がこのほど、同社のAndroid版「Motion Stills」アプリに組み込まれた。このアプリは、普通の動画や「ライブフォト」を、さまざまなエフェクトを施したさまざまなショートビデオに変換することができる。例えば、手ぶれのある動画を補正したり、複数のクリップを連結して長い映像にしたり、動画の1要素を追いかける「モーションテキスト」を追加したり、残りを静止させたままで動画の一部を隔離するシネマグラフに変換したりすることができる。


提供:Google

 Googleはこれまで、「ARCore」という基本的ではあるが習得が難しい新しいAndroid技術を利用して、ARステッカーに対してより高度なアプローチをとっていた。「インスタントモーショントラッキング」というMotion Stillsのアプローチは、それよりもやや大雑把なものだ。にわとりやジンジャーブレッド(人の形のクッキー)などのオブジェクトを選択し、水平な平面上に配置し、スマートフォンカメラで捉える。すると、そのオブジェクトがビューに取り込まれ、配置されている場所に合わせて動き、サイズを適切に変更する。

 Motion Stillsアプリにより、ジャイロスコープを装備する任意のAndroid端末でARステッカーが使用できるようになった。今やジャイロスコープを装備する端末など、珍しくはない。

 もちろん、作成したものを友人と共有することができる。これは、写真アプリや動画アプリで今や必須の機能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]