logo

アップル、「Meltdown」に対処するパッチを旧OS向けに追加リリース

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2018年01月24日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、近年のチップの脆弱性に由来するリスクを低減する取り組みとして、「Mac」の旧OSを対象とするセキュリティ修正の提供を開始した。

 Appleは米国時間1月23日、「Meltdown」と呼ばれる脆弱性に対する修正をリリースした。攻撃者がこの脆弱性を利用すると、保護されたカーネルメモリの内容を読み取ることが可能になる。今回の修正は、「macOS Sierra」の最新バージョン(10.12.6)と「OS X El Capitan」の最新バージョン(10.11.6)が対象だ。

 Appleは当初、macOS Sierraとそれ以前のOSであるOS X El Capitan向けのパッチは提供せず、「macOS High Sierra 10.13.2」に対する追加のセキュリティアップデートのみを1月8日にリリースしていた。

 しかし、ユーザーがパッチを適用するには、事実上OS全体を更新せざるを得なくなるため、一部から批判の声が上がっていた。OSのアップデートは、セキュリティの脆弱性からシステムを保護するとりわけ重要な手段だが、古いソフトウェアが動作しなくなることを懸念してアップデートを実施しないユーザーも多い。

 Meltdownと、同時期に発見されたもう1つのチップの脆弱性である「Spectre」は、「投機的実行」と呼ばれるチップの動作の悪用を可能にする。投機的実行は、近年のプロセッサがパフォーマンスを高める目的で行う動作で、次に実行する可能性がある機能を推測して準備することで、処理の高速化に貢献する。

 Appleは、この日「macOS High Sierra 10.13.3」も公開した。今回のセキュリティアップデートでは17件の脆弱性が修正されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集