logo

ハンドルもペダルもない完全な自動運転車「Cruise AV」--GMが2019年に発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 General Motors(GM)は、ハンドルもペダルも搭載しない自動運転車「Cruise AV」を2019年に市販する計画を発表した。現在GMは車両を試験中で、並行して監督当局に認可申請を出している。


ハンドルやペダルすら搭載しない完全な自動運転(出典:GM)

 このCruise AVは、GMとして第4世代の自動運転車で、量産が可能な初めてのモデルという。ドライバーを必要としない完全な自動運転車であり、ハンドル、アクセルやブレーキのペダル、手動操作用の仕組みが用意されていない。また、電気自動車(EV)なので、走行時に排気ガスを出さない。


GMとして第4世代の自動運転車(出典:GM)

 GMによると、自動車事故の94%はドライバーのミスが主な原因だという。自動運転車はドライバーの運転ミスを排除できるため、事故による人間の負傷や死亡を減らせるとしている。

 なお、米CNETの報道によると、GMはサンフランシスコの公道で以前から自動運転車を試験している。このCruise AVは、GMが2016年に買収したCruise Automationの技術をベースに開発したという。


すでに公道で試験中(出典:GM)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]