logo

クラウド会計「freee」、仮想通貨の確定申告をサポート--2月上旬に提供予定

山川晶之 (編集部)2018年01月11日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freeeは1月11日、クラウド会計ソフト「freee」における仮想通貨の確定申告について、2月上旬に対応を予定していると発表した。


 これは、freee内の所得税確定申告機能において、仮想通貨による利益(雑所得)の確定申告に対応するもの。現在開発中であり、詳細についてはリリース時に改めて案内するとしている。

 同社では、「会計freeeは、ステップUIを採用し誰でも簡単に確定申告できるサービスとして提供している。今回の仮想通貨対応についても、会計freeeと合わせて利用してもらうことで、初めての確定申告でも安心して利用できるようなサービスを目指す」とコメントしている。

 また、仮想通貨への対応以外にも、Macでの電子申告(e-Tax)対応、株・FX取引などの申告書第三表の対応、セルフメディケーション制度への対応、繰越損失(申告書第四表)などを盛り込むという。

 なお、同社では仮想通貨を売買しているユーザーを対象にした確定申告セミナーを予定しており、1月下旬~2月上旬ごろに東京で開催するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]