logo

Facebook、AIアシスタント「M」の提供を終了へ

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年01月09日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの「M」が姿を消すことになった。

 FacebookがバーチャルアシスタントチャットボットであるMの提供を終了する。Mは人間の契約スタッフと人工知能(AI)ソフトウェアを併用して、Facebookの「Messenger」アプリ内でユーザーの質問に答えたり、タスクを実行したりする。

 Mボットは2015年8月に最初に発表され、今もベータ段階にある。同社は米国時間2018年1月19日をもってMの提供を終了することを8日に発表した。

 ユーザーがMに質問すると、同ソフトウェアのAIが回答を生成する。その後、その回答は人間の契約スタッフによって精査され、内容が適切かどうか確認される。十分な品質であると判断された回答は、ユーザーに返信される。FacebookはMボットを担当する契約スタッフを常時配備している。

 Mは姿を消すが、Facebookは「M Suggestions」機能については、今後も提供する予定だ。M Suggestionsは、Mプロジェクトで得られた洞察の一部から発展した機能だ。この機能はMessengerのチャット内に表示され、ユーザーの会話内容に基づいて回答やそのほかのアクションを提案する。

 Facebookの広報担当者は、「当社がこのプロジェクトを開始したのは、人々が何を必要としており、アシスタントに何を求めるのかを学ぶためだ。そして、われわれは多くのことを学んだ。これらの有益な洞察をFacebookのほかのAIプロジェクトに生かしている」と述べた。


提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集