logo

ドワンゴの川上量生氏が代表取締役会長を退任--代表権のない取締役に

佐藤和也 (編集部)2017年12月21日 16時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは12月21日、代表取締役会長CTOを務める川上量生氏について、同日付で行われた取締役会をもって退任し、代表権を有しない取締役CTOとして就任すると発表した。

ドワンゴの川上量生氏(11月28日に開催した「niconico(く)」の発表会より)
ドワンゴの川上量生氏(11月28日に開催した「niconico(く)」の発表会より)

 退任の理由として「新技術の開発に、より集中することがグループの価値を極大化できるという結論に至った」とし、今後はIT全般の最高責任者の取締役として、動画サービスniconicoの強化はもとより、人工知能、教育事業などのIT先端技術関連の新規事業開発に注力していくという。

本日付でドワンゴの代表取締役会長を退任し、代表権を有しない取締役となりました。今後は、新規ビジネス及びそれを支える技術の開発に一層注力してまいります。niconicoの運営とサービスはドワンゴ取締役の栗田穣崇が責任者としてユーザーの皆様と向き合い、ユーザーとともに作り上げるniconicoの原点に戻って改善を進めてまいりますので、どうか引き続きご期待いただきますようお願い申し上げます。
(川上量生氏のコメント)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]