logo

楽天LIFULL STAY、レオパレス21民泊物件の運用代行を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天LIFULL STAYは12月20日、レオパレス21による特区民泊向け物件への運用代行サービスとして「全部運用代行パッケージプラン」の提供を開始した。

 全部運用代行パッケージプランは、集客、空室管理、問い合わせ対応、清掃など、宿泊運用に関わる一連の業務を、楽天LIFULL STAYが一括して行う、民泊施設・簡易宿所オーナーおよび不動産事業者向けの運用代行サービス。

 今回、楽天LIFULL STAYとレオパレス21が連携し、東京・大田区に所在するレオパレス21物件を対象に、特区民泊向けの改装を行う。レオパレス21の民泊物件は、楽天LIFULL STAYが住宅宿泊事業法施行後に開設する民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)にも掲載する予定だ。


レオパレス蓮沼第1 リビングイメージ

 楽天LIFULL STAYは本連携で得た知見やノウハウを、今後の既存物件の空室対策やオーナーの収益力向上、高収益商品の開発につなげるとしている。

 特区民泊とは、国家戦略特別区域法に基づく旅館業法の特例制度を活用した民泊のこと。2013年12月に法が制定され、2016年1月に東京・大田区が取り組みを開始した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]